仏壇・位牌・仏具の通販/Eお仏壇。仏壇、仏具、位牌、数珠、線香のネットショップ。葬儀のご相談も。九州は、長崎県南島原市のありま斎場を運営する本多仏壇店の通販サイト。

仏壇・仏具の通販/ネットショップ「Eお仏壇」
トップページ商品カテゴリネットショップご利用方法運営者の紹介ありま斎場お問い合わせカートの中

僧侶読経

特選お勧め商品
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

 お仏壇・仏具のお手入れ法

お仏壇は、一般的に高価で、大変豪華なものです、漆、金箔、豪華な彫を用いて、まだ大変デリケートのものでもあります。慎重に手入れしないと、すぐに傷が付きます。

 お仏壇のお手入れ法で、一番のポイントは、お仏壇をできるだけ汚さないように注意することです。

@お仏壇に手を触れるときは、必ず白い手袋をする、A線香の灰はこぼさないように、B香炉の下に紙を引く、C高月(杯)の供物はそのまま放置しないなどを心がけてください。

 定期的なお掃除は、仏さまへの感謝の心です。定期的に半月に一度ぐらい、お仏壇をお掃除したいものです。ここでは、お仏壇のお掃除(お手入れ)をする場合の注意点をあげます。

つもさわやかな気持で手を合わせることができるよう、心をこめてお掃除、お手入れをいたしましょう。

 本多仏壇店では、お仏壇の「お洗濯」や修理も承っております。ぜひご相談」ください。ネットショップ「Eお仏壇」では、お手入れ用品ページをご覧ください。

お仏壇のお手入れ

 チェックポイント

  摘   要 ・ 注意点

お掃除する前に

仏教には「一拭き二拭き三勤行」と言う言葉があります。掃除することも大事な修行です。掃除をされる前に、必ずご本尊や位牌に礼拝してから、行いましょう。

ご本尊・脇仏・位牌

毛ばたきで静かに埃を払いましょう。細かいところ、無理せずに、軽く払います。

仏壇金箔部

細かいところの掃除は、毛先をほぐした毛筆で払います。金箔の大敵は汗と指先の油です。白手袋をして掃除してください。毛ばたきで払うとき、毛ばたきの芯が本体に当たらない様に十分注意します。

灯油(石油)の暖房は長年使用すると金箔を赤く変色させる原因となります。

金具

金具は、金メッキをされたものが多いです。金メッキはかなり薄いもので、表面は剥がれると、剥がれたところからどんどん錆びてしまいますので、表面を傷つけないよう注意します。

漆部分

漆は湿気、温度に敏感なものです。仏壇に厚塗りされた漆は生きていて、湿気を吸って、または、熱を吸収し、ひび割れ現象を起こります。水がこぼれたりした場合は、ガーゼかティ シュですぐ拭き取ります。
どうしても汚れが目立つときは、シリコンクロスでからぶきするのがいいのですが、ない場合柔らかい布で水を固く絞って軽く拭いて 乾いた布でふいておきます。絶対、ダスキンなど科学雑巾は使用しないでください。

金属製仏具

花立・火立・香炉・輪灯・お輪など金属製の仏具は真鍮磨きでお磨きします
お磨きのあとはよく乾いた布でふき取ります。
金メッキ加工色付加工は真鍮磨きで磨くと剥げてしまいますので注意してください。金メッキ色付加工用お磨き製品をお使い下さい。

天然無垢材

エアコンなどの冷暖房器具は部屋の湿度をとるだけでなく、お仏壇で使用している木の水分まで取ってしまいます。水をいれたコップを中に入れたり、加湿器のご使用を推奨します。

ローソク

洋ロウソクは燃焼の際に油煙が出ます。油煙はお仏壇の汚れの原因です。和ろうそくをご利用ください。

修理・洗濯

お仏壇が古くなり、修理・洗濯に出したい時は、無料メンテナンス診断サービスをお気軽にご利用ください。このサービスは、現在サービス地域を、長崎県(離島を除く)、佐賀県、福岡県、熊本県地域に限定しております。

 

 お数珠(念珠)のお手入れ法

お数珠は使用したあとに柔らかい布で汗やほこりなどを優しく拭き取って下さい。
保管は桐箱か念珠袋に入れて保管して下さい。
木の実の珠のお数珠には、虫がつかないように念のため防虫剤などを一緒に入れておくと安心です。

 お数珠をつなぐ紐は使い続けていくうちに切れることがありますが、縁起が悪いわけではありません。
大切なお数珠は修理してお使いいただけますので、切れてしまったときは珠を失くさないようにして、仏壇、数珠のお店にご相談ください。当店でも修理承ります。

数珠の修理/本多仏壇店

両親から譲り受けた思い出深い数珠や、愛着のある数珠の紐が切れたり、数珠を無くしてそのままにしていませんか?数珠の輪は心の和です。
当店は、店内で修理いたしますので、安価で高品質な仕上がりをお約束します。

 

 

  数珠(念珠)の知識

 数珠は、穴が貫通した多くの珠に糸の束を通し輪にした法具。仏をずる時に用いるとの意味から「念珠(ねんじゅ)」とも呼ばれます。念仏の際に音を立てて揉んだり、真言・念仏の回数をえるのにをつまぐる目的などで用います。念仏の回数を問題にしない浄土真宗などの場合は、仏前での崇敬の念の表れとして用います。

 数珠の珠の数は108。煩悩を司る108の仏を表し、人間のあらゆる煩悩を数珠が受けるとされています。そのため古来より、厄除けお守りとしての役割もしています。私たち人間には百八の煩悩(迷い)があり、それを断ち切るために百八玉の数珠をつくり、これを繰り数えて仏さまの名を唱えれば、煩悩が断ち消えて、心身が清浄になるとされてています。

 珠の形、持ち方などは宗旨・宗派によって異なり、珠数も 108を基本として、54 、27 、18 など多くの種類があります。最近ではどの宗派の方でもお使い頂ける略式数珠(片手・一重)が一般的に広く使用されています。この略式数珠(片手・一重)は、どの宗派でもご利用頂けます。 自分の宗派の本式数珠(二輪)のものと、略式数珠を二本持たれることをお奨めいたします。 本式数珠(二輪)は各宗派で決まった形が御座いますが、素材は自由ですのでお好きな石、木の珠をご選択出来ます。

数珠(念珠)の知識