仏壇・位牌・仏具の通販/Eお仏壇。仏壇、仏具、位牌、数珠、線香のネットショップ。葬儀のご相談も。九州は、長崎県南島原市のありま斎場を運営する本多仏壇店の通販サイト。

仏壇・仏具の通販/ネットショップ「Eお仏壇」
トップページ商品カテゴリネットショップご利用方法運営者の紹介ありま斎場お問い合わせカートの中

僧侶読経

特選お勧め商品
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

いい仏壇の選び方/ネットショップ「E仏壇」

 いいお仏壇を購入する秘訣は、ずばり@販売する仏壇店を選択する眼を養うことA菩提寺様とご相談をすることではないかと思います。

多くのお客様から「規模が大きいからといっても安心できない」「価格が不明瞭」などのお声を頂戴します。

一生に一度の買い物になりかねないお仏壇。少しでも「安心して」「納得して」選んでいただけるよう、アドバイスいたします。お役に立てれば幸いです。

 1・お仏壇とはなにか?

 

 お仏壇は、文字通り「仏さまをご安置する壇」のことです。今日のお仏壇は宗教的な祭壇というよりも、 亡き家族の象徴 としての意味合いが強いのではないでしょうか。あるいはご先祖への敬意と感謝を象徴するものとも言えるでしょう。

 お仏壇は、本来、死者のためでなく、生きている私達のためにあります。ご先祖が還られたお浄土を偲び、お仏壇(ご本尊)に手を合わせることは、ご先祖への感謝の気持ちを次世代に教える ことにもつながります。また人間の死を考えるきっかけでもあります。 こういう意味では、心豊かな家庭生活を送るために必要不可欠なものであるといえます。「田舎(実家)にあるから・・」とか「長男だけでよい」とか仰らず、独立した家庭であれば、必ずお仏壇を安置するようにしてください。

 2・お仏壇の主人はご本尊

 

 お仏壇でもっとも大切なのはご本尊です。ご本尊とは、信仰上もっとも尊ぶべき礼拝の対象です。お仏壇には、正面に柱で区切られた3つの壇が設けられています。その中央にご安置するのが、ご本尊です。左右の壇には「お脇懸(脇仏)」をご安置します。

本尊や脇懸(脇仏)は、菩提寺(その家が属する寺)の宗派によって異なります。

宗派

脇仏(左)

本尊

枠仏(右)

浄土真宗(本願寺派)

蓮如上人

阿弥陀如来

親鸞聖人

浄土真宗(大谷派)

十字名号

阿弥陀如来

九字名号

浄土宗

法然上人

阿弥陀如来

善導大師

真言宗

不動明王

大日如来

弘法大師

天台宗

伝教大師

釈迦牟尼如来

智者大師

曹洞宗

常済大師

釈迦牟尼如来

承陽大師

臨済宗

普賢菩薩

釈迦牟尼如来

文殊菩薩

日蓮宗

鬼子母神

大曼荼羅

大黒天

 お仏壇を購入のときは、宗派名や菩提寺をはっきりつげてください。浄土真宗(本願寺派)のように、ご本尊は菩提寺を通して本山から受ける宗派もありますので、菩提寺様や仏壇販売店とご相談をしてください。

 ページTOPへ

 3・お仏壇はいつ買う?

 49日忌・満中陰・法事

 「何もないのにお仏壇を買うと、死人が出る」という迷信があり、気にする方がいるようです。人生は無常で、老いも若きもいつ死が訪れるかわからないのです。仏壇の購入が原因で死ぬ訳でもありません。

 購入の時期は決まっていませんが、こころに余裕がのある時に購入されるのが良いでしょう。たとえば、@子供が生まれたときA家を新築改築したときB子供が成人したときなども購入される方が多いようです。

 大切なご家族がなくなったとき、仏壇を始めて購入される場合、49日までにご購入するケースが一番多いです。法要(49日、100箇日、一周忌)にあわせて購入されると、開眼(入仏)法要も同時に行うことができます。購入する日の吉凶もあまり気にしてはいけません。

 

 4・お仏壇は、どこに置くの?

 

 「北向きが避けたほうがよい」といわれるのは、風通しや日当たりの具合からで他に理由はありません。お仏壇の場所を考える場合、お釈迦様の言葉にもあるように「東西南北いずくんぞ心にかやすからん(東西南北どのむきでも(仏法を)大事にすれば心は安らかである)」なのです。

 伝統的な仏壇の場所、向きにこだわることはありません。「家族揃って心静かにお参りできる場所」に安置したほうが良いでしょう。例えば居間など、 ご家族が集まる場所がいいのです。ただし、湿気がとくに高いところ、火気の近くなど仏壇が傷んでしまう場所は避けてください。「 うちは狭い から無理」とあきらめる必要はありません。小さめで、棚やタンスの上に置くものもあります。小型仏壇などは、眼より少し上にご本尊が拝ませるよう高さに工夫をしてください。

 場所を決めたらお店に行く(購入)前に、採寸 しておきます。@幅、A奥行き、B高さをメモしてお店に行くと参考になります。また部屋の状況をデジカメで撮影しておくと的確な仏壇選びができます(当SHOPにご相談の場合メールで添付送付ください)。 

 5・お仏壇のスタイルは?

 

 安置場所と寸法がきまったらあとは自由と言ってもかまわないと思います。
仏壇は、一般的に高価で、おいそれと買い替えられる事の出来る品物ではありません。納得がいかないなら、気持ちよくお参りする事も出来ません。

 念のため、お店に行く前にご先祖様の宗旨宗派 を確かめておきます。

土地により多少の違いはありますが、宗派による仏壇の違いはありません。浄土真宗の方は通常、金仏壇をお求めになります。お仏壇のおおまかに次の種類があります。

種 類

推奨ポイント

ご注意

 金仏壇

金仏壇

■金箔が張り詰められていて、華やかで美しい
■工芸品としての価値が十分ある
◆浄土真宗の方が多いが、特に限定されていない
◆高価なものが多い
◆金箔が張られているため、お手入れは丁寧に

 唐木仏壇

唐木仏壇

■木目が美しく、渋い味わいがある
■素材によって独特の色合いがある
■手彫りの彫刻が天然木の良さを引き出す
■工芸品としての価値有

■素材としては、欅(けやき)、鉄刀木(たがやさん)、槐(えんじゅ)、黄王檀(きおうたん)、黒檀(こくたん)、紫檀(したん)」などがあります。

◆特に宗派による区別はない

 家具調仏壇

家具調仏壇

■洋風インテリアにも合うデザイン
■マンション・アパートでも大丈夫な省スペース型
■仏具にも個性のあるものが多い
◆サイズが小さいものは従来の仏具一式が入りきらない場合がある

 ページTOPへ

 6・お仏壇の、ご予算は?

 お仏壇のご予算

 お仏壇の気になる点ははやっぱりお値段ですね。素材・大きさ・デザインなどで 数万円 のものから何百万のものまであります。高価な仏壇が「いいお仏壇」ではなくて、家にあった仏壇、気に入った仏壇が一番「いい仏壇」といえます。またご家族が感謝を込めて手を合わせることが大切なことです。
 まず、4・ご自宅におけるサイズであること、次に5・好みのデザインであること、その条件に合うものの中から、宗派を考慮して納得のいくお値段のものをお選びいただくのがベストです。
 お仏壇はたしかに高い買い物です。しかしその 価値は金額で決まるものではない のです。良いものであれば、何世代にもわたって家族に引き継がれていきます。

高い買い物になるか、安い買い物になるかは、ご家族とお仏壇の関わり方次第です。 

 

 7・お仏壇と仏具?

 

 お仏壇にはご本尊・脇侍をご安置し、仏具によって荘厳(美しく飾ること)して初めて仏壇としての機能を果たすことになります。お仏壇を決定したら、併せて仏具を選択いたします。

 仏具にはご本尊・脇懸(脇仏)のほか位牌や三具足(H燭台・F香炉・G花立)などを用意します。法事などの正式な儀式を行うときは三具足基本に、しまっていたH燭台G花立を一対にし五具足とします。

お仏壇の飾り(荘厳)方については、地域や宗派によって違いがあります。お問い合わせまたはご来店いただければ、随時ご回答いたします。お気軽にご質問ください。

 お仏壇の荘厳(飾り)方法・・・例)浄土真宗本願寺派

お仏壇の荘厳・お仏壇の飾り方・浄土真宗本願寺派

 お経机・お経本・座布団/浄土真宗本願寺派

この他、茶湯器(ちゃとうき)もあるが、真宗では用いない。あえて水を供える必要はなく仏飯だけでよいとされています。

 

1・ご本尊

お仏壇の中心。各宗派のご本尊が決まっています。

2・脇懸(脇仏)

脇懸(脇仏)。

3・火舎香炉華鋲

中段の上側に置かれる香炉・花瓶(枯れない常花を飾る)

4・仏飯器

一対。ご飯をお供えするのに使用します。

5・上卓

 3・4をおく卓台。打敷を使用

6・前卓

 7・8・9をおく卓台。打敷使用

7・香炉

火のついたお線香を立てるのに使用します。本願寺派は線香をねかせて焚く。

8・花立

一対。生花を生ける花瓶

9・燭台

一対。火立。ローソクを挿す。

10・打敷

供用具の下に敷く。法事の時以外は使用しない

11・供笥(くげ)

高杯。一対。供物(お菓子・果物・お餅)をお供えする。

12・和讃箱

 親鸞聖人(しんらんしょうにん)の著(あら)わされた、「三帖和讃」(さんじょうわさん)、「正心偈」(しょうしんげ)の本を納めておく箱。

13・和讃卓

わさんじょく・12・和讃箱を安置

14・過去帖台

過去帖を乗せる台

15・過去帖

故人の戒名・俗名・命日を記録した帳簿。

16・りんセット

りん・りん布団・りん台・りん棒。

17・御文章箱

蓮如上人(れんにょしょうにん)の著わした御文(おふみ{西:御文章})を納める箱

18・六角吊灯籠

 仏壇天井から吊り下げる灯篭

18・輪灯瓔珞

 ご本尊前を飾る道具。インドの装身具に由来。

19・輪灯

仏壇の中を照らす照明

20・経卓

経文(経典・聖教)をのせる机

21・お経本

経文

22・座布団

導師用座布団

 

ページTOPへ

 8・お仏壇を購入したら?

 

 お仏壇を購入したら、新しくお仏壇を購入したら、菩提寺のご住職に来ていただき魂入れ(開眼供養・入仏式)の読経をお願いするのが習わしで、これによって単なる物に過ぎなかった仏像や掛軸や位牌が尊い仏様になるわけです。

 ご住職に来ていただくのが困難な場合は、新しいご本尊や位牌を菩提寺に持参して魂入れをしていただき、持ち帰ってお仏壇に安置します(浄土真宗本願寺派のように、ご本尊や脇懸(仏)は本山から購入した場合不要とすることもあります。菩提寺様にお尋ねください)。

 9・究極のお仏壇選びは?

 

 究極の「いいお仏壇」の選び方は、「いい仏壇販売店」の「いい販売員」とご縁をもつことだと思います。@葬儀後の心ない電話セールスやA故人への思いをたてにとるような営業からは、お仏壇の購入をしてはなりません。ネットショップでも同様に、何割引きとか?安さ勝負のお店も遠慮したいものです。親身になって、お客様の心を汲んで、予算面やご家庭の生活スタイル、宗派などから総合的にアドバイスできるお店、販売員とご縁をおもちください。

 また、お仏壇は、長い年月使用できる「長寿商品」です。修理・洗濯などのメンテナンスもできるお店をご推奨いたします。

 同時に、長いお付き合いがある、またはお付き合いになるだろう菩提寺様とも、よくご相談くださることも大切です。

お仏壇の洗濯・修理

お仏壇の修理、洗濯を承ります