仏壇・位牌・仏具の通販/Eお仏壇。仏壇、仏具、位牌、数珠、線香のネットショップ。葬儀のご相談も。九州は、長崎県南島原市のありま斎場を運営する本多仏壇店の通販サイト。

仏壇・仏具の通販/ネットショップ「Eお仏壇」
トップページ商品カテゴリネットショップご利用方法運営者の紹介ありま斎場お問い合わせカートの中

僧侶読経

特選お勧め商品
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

 役に立つ法要(法事)の知識

法要は、法事ともいい、死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために行う儀式です。仏教では、人が亡くなってから7週(49日)間は「中陰(ちゅういん)」といい、死者が現世と冥土の間をさまよっているといわれます。その間に供養することで、極楽浄土に行き成仏できることを願います。初七日、二七日、三七日、四七日、五七日(35日)、六七日、七七日を行い、菩提寺の僧侶に来てもらい読経をしてもらいます。

中陰期間は、「中陰壇」に遺骨、白木の位牌、遺影を安置し、燭台、香炉、花立を配し、毎日、香や灯明をたやさないようにする方がおおいようです。

このほか、100日、一周忌以降の年回忌法要などを行います。ここでは、中陰の法要(法事)と中陰以降の法要に分けてご説明いたします。 

法事(法要)

  中陰・法要(法事)名

     呼び方

       ご 説 明

 初七日

 しょなぬか

死亡した日から7日目が「初七日」です。最近は、葬儀のあとの遺骨迎えと還骨法要(還骨勤行・3日法要)と併せておこなってしまう方が多くなっているようです。所願忌(しょがんき)。

 二七日

 ふたなのか

死後14日目・以芳忌(いほうき)

 三七日

 みなぬか

死後21日目・水忌(しゃすいき)

 四七日

 よなぬか

死後28日目・阿経忌(あきょうき)

 五七日(35日)

 いつなぬか

死後35日目・小練忌(しょうれんき)

 六七日

 むなぬか

死後42日目・壇弘忌(だんこうき)

 七七日(49日)

 なななぬか

死後49日目 「満中陰」といいい、「忌明け」の日でもあります。忌み籠りをしていた遺族が日常生活に復帰する区切りとなります。一般には、どんな人でも次の生に旅立つと考えられていて、「のき離れ」というところもあるようです。卒哭忌(そっこうき)。

七七日(49日)法要は、一周忌までの法要の中で最も重要な法要です。

死者の成仏を願って、遺族が、近親者、友人、知人を招いて行います。納骨も併せて行うことが多いようです。

49日の法要では、僧侶に読経をしてもらい、終了後は精進落としの料理でもてなします。

忌明けには、「中陰壇」を片付(壇ばらい・壇引き)し、白木の位牌を菩提寺に返しお焚きあげしてもらいます。

この日までに本位牌(漆塗りの位牌)を作っておいて、この日から仏壇の中に安置します。

 またお仏壇のない方は、この日までに購入され、新位牌、仏壇の「魂いれ」や「入仏法要」を併せて行う方が多いようです。(詳細は、「いい仏壇の選び方」をご覧ください。)

浄土真宗では、満中陰の際は、お寺様に50個のお饅頭を「満中陰」供物としてお届けされる地域もあります。

  法要(法事)名

     呼び方

       ご 説 明

 百か日

 ひゃっかにち

お墓がない方で、七七日(49日)まで納骨できなかった方は、納骨されるようです。四十九日が過ぎると少し一段落しますが、異名年忌によれば卒哭忌(そっこうき)と呼ばれ亡くなった人の為に泣くのはこのあたりまでで、冷たいようですが悲しみも薄れてくる頃を指すようです。

 一周忌

 いっしゅうき

近親者、友人、知人などを招いて行います。故人亡き後の遺族の様子を知ってもらう意味もあります。1年がたち、死についての問題を見つめ直す事が出来る時期でもあります。小祥忌(しょうしょうき)。

 三回忌

 さんかいき

死後2年目・大祥忌(だいしょうき)

 七回忌

 しちかいき

死後6年目・遠波忌(おんばき)。遺族、親族で供養し、 七回忌以降は、少しずつ規模を小さくするのが一般的です。

 十三回忌)

 じゅうさんかいき

死後12年目・遠方忌(えんぽうき)

 十七回忌

 じゅうしちかいき

死後16年目・慈明忌(じみょうき)

 二十三回忌

 にじゅうさんかいき

死後22年目・大士忌(だいしき)

 二十七回忌

 にじゅうしちかいき

死後26年目・

 三十三回忌

 さんじゅうさんかいき

死後32年目 50回忌、百回忌(一会忌(いちえき))もありますが、一般的には「33回忌」までで切り上げること(弔い上げ)が多いようです。冷照忌(れいしょうき)

死亡した同月同日の命日(めいにち)を「祥月命日」といい、特に人を招いたりしませんが、お仏壇をきれいにし、供物やお花を供えて供養し、家族で墓参りをします。

毎月の死亡した日と同じ日を「月忌(がつき)」といいます。年の回忌法要は、祥月命日に行う法要ですが、参列者の都合もあり、最近は,命日より前の休日や土曜日・日曜日に行うことが多くなっています。

浄土真宗では、法事は追善の供養ではないとされています。法事は、命日をご縁として、亡き人を偲びつつ、お経(仏法)をいただく日です。つまり、「南無阿弥陀仏」とお念仏して、阿弥陀如来や諸仏の願いを  聞かせていただき、今の私の生きかた・毎日の生活を振り返らせていただくためのものとされています。

 

 法要の営み方チェックポイント

法要(法事)の営み方

七七日(49日)忌や一周忌など規模の大きい法要では、僧侶に読経してもらい、

式の終了後には会食の席つまりお斎(おとき)を設け、僧侶や招待客をもてなすことが一般的です。

案内状や引き物など万全な準備を行いましょう。本多仏壇店・ありま斎場では、案内状や引き物のご相談も承っております。Eお仏壇では、ギフト好適品をページをご覧ください。

 チェックポイント

  摘          要

日 程

日程は菩提寺様と打ち合わせ。年忌法要は、祥月命日に行うのが一般的ですが、参列者の都合もあり日をずらす場合は、必ず命日前に行います。

場 所

寺院、自宅、斎場、ホテルなどどこで行うかを決めます。

招待客・人選

招待する人の範囲と人数を決め、最低一ヶ月前には、案内状を送るか?電話連絡で出欠の返事をいただきます。

引き物の手配

引き物の商品選定と手配。引き物には、黒白か銀色の結び切りも熨斗、表書きは「志」「粗供養」「茶の子(関西で使用)」とします。

会食の手配

法要のあとの会食(お斎)の会場や料理を手配します。

寺院へのお礼

寺院への謝礼は、白封筒や奉書紙に入れ、表書きは「お布施」または「お礼」とします。法要前に挨拶し、お渡しします。

僧侶に自宅やホテルに出向いてもらう場合は、別に「お車代」を包みます。

宴席に供応しない場合は、別に「御膳料」を包みます。

また卒塔婆供養をする場合は、料金を確かめておき、別に「卒塔婆料」「御卒塔婆供養料」を包みます。

服 装

喪家(遺族)側は3回忌までは、喪服を着用。それ以降は地味な平服でもよいのですが、参列者よりくだけた服装にならないよう注意します。この場合、案内状に「平服でお越しください」などと一言ふれておきます。

当日の流れ

@受付→A法要(開式・・読経ーー焼香(施主及び血縁の深い順)・・閉式)→B墓参り(省略する場合がある)→C施主挨拶→D会食(お斎)

挨 拶

C会食の前には、施主または遺族代表がお礼の挨拶をします。

 

 法要に招かれたら

法要(法事)に招かれたら、出席するのが原則です。案内状が届いたらすぐに返事を出しましょう。

 

 チェックポイント

  摘          要

招待状到着

出席が原則。出欠をすぐ出しましょう。どんな親しい人でも自分から日時や場所を問い合わせることはマナー違反です。

出席

ご仏前(不祝儀袋)か供物

 挨拶

「本日は、お招きいただきまして恐れ入ります」(ありがとうございますは禁物).

「ご仏前にお供えください」といって供物、供物料をお渡しします。

 供物・供物料

供物料・・ご仏前(不祝儀)

 服装

一周忌までの法要は喪服に近いもの、それ以降は地味な平服

欠席

やむを得ない事情で欠席する時は、案内状の返信にお詫びの一文を添えます。

法要の前日までに、供物料(ご仏前)・供花をお届けします。