仏壇・位牌・仏具の通販/Eお仏壇。仏壇、仏具、位牌、数珠、線香のネットショップ。葬儀のご相談も。九州は、長崎県南島原市のありま斎場を運営する本多仏壇店の通販サイト。

仏壇・仏具の通販/ネットショップ「Eお仏壇」
トップページ商品カテゴリネットショップご利用方法運営者の紹介ありま斎場お問い合わせカートの中

僧侶読経

特選お勧め商品
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

 お位牌の知識

 お位牌は、中国から仏教が伝えられた時儒教の教えによる先祖崇拝の習慣から、故人の姓名や官位を木板に記入し礼拝したものが伝わったものといわれています。
 今日では、故人の霊をお祀りするために、お位牌の表面に戒名、お位牌の裏面に没日(死亡年月日)、俗名(生前のお名前)、行年(亡年齢)等を彫刻文字または書き文字で加工します。

 忌明け法要後には、白木のお位牌と入れ替えし、漆塗り等の本位牌をお仏壇にご安置してお祀りします。真宗各派では、お位牌は用いず法名を小さな掛軸にした法名軸、または過去帳に法名を記入してお祀りします。

 新しい本位牌を設ける時は、故人に近い人々が集まりお寺様のご住職にお願いして、開眼法要といって入魂のお経を上げていただき、白木位牌から本位牌にお魂をお移ししていただきます。七・七忌や五・七忌までにご用意されるのは、このためです。

 万が一、忌明けを過ぎてしまった場合や古いお位牌を新しく作りかえる場合などは、月命日やご法事などにあわせて作られるとよいでしょう。

 

本位牌・繰り出し位牌 

 お位牌の種類

  摘   要

白木位牌

七・七忌迄が中陰といわれ、この世とあの世の中間に存在するという意味で、亡くなられた霊が新しい生を得るまでのさまよっている間をいいます。
この間のご供養によって、霊の落ち着く来世が決まるといわれています。
ご葬儀のときに用意した白木のお位牌は、四十九日のご法要がすみましたらお
寺様に納め、黒塗りのお位牌に作り変え、お仏壇にお祀りします。

本位牌

板位牌とも言い、漆塗り、純金箔仕上げ、唐木仕上げ等、伝統様式による多彩な種類とサイズがあり、忌明け法要より以降はお仏壇に戒名(法名)を記入(彫刻又は書き込み)した本位牌を安置してお祀りします。

繰り出し位牌

戒名を記入した5枚〜10枚の薄い札板を差し込むように作られたお位牌で、故人の命日の順に重ねておき、ご命日をお迎えになるご先祖の札が前面に繰り出すようになっています。これは位牌と過去帳の折衷様式として考案されたものです。
浄土真宗でも地方によっては繰り出し位牌を使用することがあります。また、ご先祖の本位牌が多くなった場合、繰り出し位牌にまとめます。

 

位牌は亡き人のお姿そのものです。傷んだ位牌をそのままにしておくのは、故人がかわいそうなので、新しい位牌に作り替えることもあります。
その場合、ご住職に魂を移し替えていただき、古い位牌は菩提寺に納めてお焚き上げしてもらいます。

 

 お位牌の選び方のポイント

@初めてお位牌をお選びになる場合は、仏壇の大きさとのバランスを考慮します。

仏壇の種類によりまして内部のつくりが異なりますが、上置型仏壇の場合は、札丈 4寸か 4.5寸、台付型仏壇の場合は、札丈 4.5寸か 5寸の位牌を安置する場合が多いです。

Aご先祖のお位牌がある場合は、その大きさや形を参考にします。
すでに古いお位牌(子供のお位牌は除く)をお持ちの場合は、総高さが古いお位牌と同じか、それよりも高くならない大きさをお選び下さい。日付(没年月日)を表面に入れるか裏面に入れるかは、地域やお寺様によって異なります。すでに古いお位牌をお持ちの場合はそれと同じに、全く初めてお位牌をお作りになられる場合はお寺様にご確認いただくか、当店までご相談下さい。

 

B戒名、死亡の日付、俗名、享年(死亡年齢)を書き写しや画像ご持参(送付)下さい。

当店からの「文字彫り確認メール」やお電話・FAXなどで、間違いのないように確認させていただきますのでご安心下さい。

C白木位牌やお位牌の両面(表・裏)をデジタルカメラなどで撮影し、戒名(法名)などの間違い防止に努めてください。
D連記式のお位牌で新たな戒名を書きこむ時は、菩提寺にて「お精抜き」をしていただき、ご持参(送付)下さい。


E材質 漆塗りの位牌が一般的でしたが、最近では黒檀・紫檀・ケヤキといった唐木位牌も よく使用されるようになってきてます。

漆塗り位牌にも一般的な漆塗りの他、上等塗り、呂色(高級)、本呂色(最高級)とあります。

 

F文字仕様は、機械彫りと手書きがあります。最近、約9割のお客様は機械彫りを選択されております。

やはり、パソコンの文字が綺麗になったせいでしょうか。一方、手書きの方が味があると言われるお客様もいらっしゃいます。 機械彫りと手書きの料金は一緒です。文字記名料は一体あたり4,200円です。 どちらか、お選び下さい。

新しい位牌には戒名の文字入れが必要で、10日間位かかります。
七・七忌(四十九日)の法要に間に合わせるために、早めに依頼されることをご推奨します。


 戒名(法名)について

戒名(法名)構成

戒名とは、仏の弟子なったことをあらわす名前です。
戒とは仏弟子として守らなければならない戒律のことで、生きている人が出家して仏門に入り、仏教の多くの戒を受けた者にあたえられる名前です。
本来は生前に授かるべきものですが、現在では亡くなった故人をたたえ、仏弟子として仏の浄土に往生するために、葬儀の前にご住職につけていただき、故人の象徴とします。浄土真宗では、法名といい、日蓮宗では法号ともいいます。
お位牌に書いてある文字は、院号・道号・戒名・位号から構成され戒名と呼んでいます。正式には生前の俗名や経典にちなんだ二文字で表されます。どんな身分の人でも二文字で、仏の世界では平等であることが表現されています。
また○○院という院号は、本来は生前に一寺を建立するほど寺院につくすなど、社会的に高い貢献をした人につけられるものです。



無宗教などの方で戒名が無い場合は、お位牌には「九州太郎之霊位」や「九州花子之霊」などとするのが一般的です。その場合、裏面の俗名は省きます。

 また、戒名の下に付いている「位」や「霊位」などの文字は、付けても付けなくても構いませんが、お寺様や地域によっても異なりますので、すでに古いお位牌をお持ちの場合はそれと同じに、全く初めてお位牌をお作りになられる場合はお寺様にご確認いただくか、当店までご相談下さい。