仏壇・位牌・仏具の通販/Eお仏壇。仏壇、仏具、位牌、数珠、線香のネットショップ。葬儀のご相談も。九州は、長崎県南島原市のありま斎場を運営する本多仏壇店の通販サイト。

仏壇・仏具の通販/ネットショップ「Eお仏壇」
トップページ商品カテゴリネットショップご利用方法運営者の紹介ありま斎場お問い合わせカートの中

僧侶読経

特選お勧め商品
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

 お香典返しの知識と方法

香典返しとは、一般的に四十九日(七七日忌)の忌明け法要を迎えた後に、お礼の品物を贈ることを言います。神式では忌明けの霊祭(五十日祭)、キリスト教では、一ヶ月後の召天記念日を目安に、挨拶状を添えて送ります。
 近年都市部を中心に増えているのが「当日返し」といわれるもので、葬儀当日に香典の金額に、関係なく、一律の品物をお返しすることを言います。(即日返し・その場返しとも呼びます)。ここでは即日返しや後日返しのメリットやデメリットをご紹介します。

 また、贈る商品のいわれもご紹介いたしますので、香典返しの商選定にお役立てください。

ネットショップ「Eお仏壇」では、「お香典返し」や法要(法事)手土産品のページもご覧ください。贈答好適品の中から、ご選択送付ください。

お香典

 香典返しの方法

  摘   要

即日返し

通夜・葬儀当日に相当額の「香典返し」の品(3,000円程度)を用意し、会葬御礼品とともに、「香典」をいただいた方には、お渡しし「香典返し」とする。

10,000円以上をいただいた人には、後日方式で、「49日法要」がすんだ後に更に、挨拶状を添えて「お返し」を送付する。

後日返し

通夜・葬儀当日には、あくまで、会葬いただいたことへの感謝のしるしとして、「会葬御礼品」と「会葬礼状」をお渡しする。後日、49日法要後、「香典返し」として御礼品を贈います。

 香典返しの方法

  香典返しの「即日返し」と「後日返し」のメリット・デメリット

即日返し

メリット

・香典帳の整理が不要で、高額香典者に対してのみ商品の選択をおこなえばよい

・葬儀代金として計上可能だから相続税の金額控除となる

デメリット

・相手方に応じた商品の選択が不可能

・頂いた香典の金額に応じた商品の選択が不可能

・通夜・葬儀日の会葬者が「複数」の品を持帰る負担がある

・当日のお渡した品が「香典返し」として理解されにくい

後日返し

メリット

・相手方に応じた商品の選択が可能

・頂いた香典の金額に応じた商品の選択が可能

・通夜・葬儀日の会葬者が「複数」の品を持帰る負担がない

・長年定着した方法であるので、理解が得やすい

デメリット

・お香典帳の整理が必要で、郵便番号や電話番号などを調べる手間がかかる。

・相手や香典金額に応じた商品選定が必要となる

・葬祭費用とならない為相続税の金額控除対象とならない

 

  お香典返しの品と金額、いわれ

七七日(49日)や五七日(35日)を満中陰といい、この日をもって忌明けとします。この時、お香典のお返しをするのが一般的です。

お香典は本来、故人の冥福を祈って手向ける香のかわりに霊前に供えるものですが、同時に、相互扶助的な意味合いもあります。したがって、忌明けを通知するご挨拶状に感謝の心を記せば、お返しをしなくても失礼にはあたりません。

従来のしきたりでは、一般的には「半返し」といって、香典をいただいた額の半分位、一家の主人が亡くなった場合は3分の1位をお返しします。最近は、社会福祉施設などに、お香典返しに充てる費用を寄付するケースも増えています。その場合は、ご報告をかねたご挨拶状を発送します。

お香典返しには、銘茶、タオル、陶器、寝具、石けんなどが一般的ですが、必ずしもこれにこだわることはありません。会社などの場合は、みんなで分けられるお茶やお菓子なども適しています。また、最近では靴下、ハンカチなども多いようです。この品がなぜ選ばれるか?いわれがありますのでご紹介いたします。
 

 香典返し商品

  商品選定のいわれ

お茶

お茶を飲んで、故人を偲ぶというところから、よく用いられます。

砂糖

仏の世界へ白装束で旅立つという意味て白砂糖が利用されます。消耗品なので、相手に不幸がおよぶことを消滅させるという意味も含んでいるようです。

シーツ・タオル

仏式では、仏の世界へ白装束て旅立つための「さらし」が利用されていました。シーツやタオルはその名残りで使われます。

漆器

不幸を塗りつぶすという意味と、二度と不幸がないように色直しをする、というところから利用されることが多いようてす。

石鹸・洗剤

不幸を洗い流すという意味を含み、また実用品として贈っても喜ばれます。

陶器

昔は死んだ後、土に埋葬されていたところから、人間は土に帰るという意味を含めて、陶器が利用されています。

家庭用金物

昔から金物は光るものとして、魔よけに用いられてきました。そのようなところからステンレスやアルミ、銅製品を贈るようになっています。

 お香典返しの「熨斗」と法事の「のし」紙

 お香典返しに使う熨斗(のし)紙は地域と宗派により違うことがしばしばです。当ショップでは、ご注文の際は宗派をご記入いただき再度、確認メールにてご確認して手配いたしております。

 蓮の絵が入ったものは、仏教の通夜・葬儀告別式・法要時の際に、喪家に対して贈る弔慰品や喪家よりの香奠返しの粗品に用いられるものです。蓮の絵のないものは、仏教・神道・キリスト教など各宗教共通に通夜・葬儀告別式・法要時の際に、喪家に対して贈る弔慰品や喪家よりの香奠返しの粗品に用いられます。
 仏教の通夜・葬儀告別式時に「蓮絵入」を用いても、法要時に「蓮絵入」では喪の意味合いが強過ぎるとの理由で、「蓮絵なし」や「黄水引」を用いる場合があります。

 黄白は関西の大阪・京都・神戸・奈良の都市部に限り、各宗教共通に通夜・葬儀告別式・法要時の際に、喪家に対して贈る弔慰品や喪家よりの香奠返しの粗品に用いられていたものです。現在では「佛水引」の蓮絵なしと同様に、法要時に「佛水引」では喪の意味合いが強過ぎるとの理由で、「黄水引」を用いる地区が増加してきています。
尚、仏教以外の神道やキリスト教の通夜・葬儀告別式・法要時の際には、「仏」のイメージが強い「佛水引」は避けて、「黄水引」を用いる方が適切と言えます。

 

 

 熨斗(のし)・仏蓮/志

 

 熨斗(のし)紙・仏蓮入り/満中陰志

 

 

用紙

蓮入り/志

水引

黒白 結び切り

文字

うす墨

用途

仏式(仏教)・・一般的

 

用紙

蓮入り/満中陰志

水引

黒白 結び切り

文字

うす墨

用途

仏式(仏教)・・・49日返礼

 

 

 熨斗(のし)紙・キリスト・神式/偲草

 

熨斗(のし)紙・仏蓮入り/忌明 

 

 

用紙

蓮なし/偲ぶ草

水引

黄白 結び切り

文字

うす墨

用途

神式

 

用紙

蓮入/忌明

水引

黒白 結び切り

文字

うす墨

用途

仏式(仏教)・・・49日返礼

 

 

 熨斗(のし)紙・キリスト/志

 

熨斗(のし)紙・仏蓮入/初盆 

 

 

用紙

蓮なし/志

水引

黄白 結び切り

文字

うす墨

用途

キリスト教

 

用紙

蓮入/初盆

水引

黒白 結び切り

文字

うす墨

用途

仏式・・初盆返礼に使用

 

 

熨斗(のし)紙・仏蓮入/一周忌

 

熨斗(のし)紙・仏蓮入/三回忌

 

 

用紙

蓮入/一周忌

水引

黒白 結び切り

文字

うす墨

用途

仏式・・一周忌返礼に使用

 

用紙

蓮入/3回忌

水引

黒白 結び切り

文字

うす墨

用途

仏式・・回忌法要返礼に使用