仏壇・位牌・仏具の通販/Eお仏壇。仏壇、仏具、位牌、数珠、線香のネットショップ。葬儀のご相談も。九州は、長崎県南島原市のありま斎場を運営する本多仏壇店の通販サイト。

仏壇・仏具の通販/ネットショップ「Eお仏壇」
トップページ商品カテゴリネットショップご利用方法運営者の紹介ありま斎場お問い合わせカートの中

僧侶読経

特選お勧め商品
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

 

医師からの臨終が宣告され、死亡が確認されたあと、葬儀のご準備にかかります。 大抵の方は、 悲しみで気落ちするなか、通夜や葬儀の手配まではなかなか気がまわらないものです。通夜・葬儀は、ご自宅、ご寺様や会館で執り行うにしても、葬儀会社に運営を依頼される方が多くなっています。

喪主を決め、お手伝いの方やいわゆる世話役を依頼し、その中から信頼でき経験ゆたかな世話役代表と相談しながら進めていくとよいでしょう。ここでは、仏式を例に臨終から葬儀の流れをご紹介します。

南島原市・「ありま斎場」では、ご寺院様のご紹介をはじめ、ご遺体の搬送から葬儀全般、できる限りのご相談を承ります。

1・ご臨終

□末期の水をとる

□医師に死亡診断書を書いてもらう

◇寺院、神社、教会などへの連絡・日程などの相談

□葬儀方針の決定

■葬儀社の決定・相談

□喪主の決定、世話役代表への依頼

■病院からの遺体搬送手配

□病院への支払

 ご臨終・末期の水

 

◎最近は、葬儀社にすべてを任せることが多いようですが、仕事関係の会葬者が多く予想される場合、受付など一部を勤務先にお願いすることもあります。

◎地域よっては、町内会などでお世話いただく場合があります。ご相談ください。

2・通夜・葬儀の打合

◇戒名(法名)の依頼

□死亡届の提出

□各世話係への依頼

□現金の用意

■通夜・葬儀の日程、場所、規模、予算などの決定

■葬儀費用の見積もりをとる

□■死体火葬許可証の交付手続き

■遺影用写真の手配

■枕飾りの手配

遺影 

枕飾り

◎死亡届けは、@死亡した人の本籍地、A届け人の現住所、B死亡した場所のいづれかの市町村役所の戸籍係に提出します。

◎提出は、葬儀社など代行者でもよですが、届け人と代行者の印鑑が必要です。

◎葬儀社との打ち合わせでは葬儀の方針を伝えアドバイスを受けながら葬儀詳細を決定していきます。

◎遺影用写真の手配では、写真は故人が気にいっていたものの中から人柄が偲ばれるものを選ぶとよいでしょう。

◎仏教では、亡くなると人は仏の弟子になるとされ「仏名」をつけます。宗派によって呼び名が違い、浄土真宗では「法名」、天台宗、真言宗、曹洞宗などでは「戒名(かいみょう)」、日蓮宗では「法号」と呼びます。菩提寺が遠方にある場合で、葬儀は別の寺院に依頼する場合でも、仏名は菩提寺に依頼します。お礼は「お布施」とします。

3・通知

□親族、友人、知人、仕事関係者などに死亡、通夜・葬儀日程の通知(電話・FAX)

□隣近所、町内会への挨拶

■新聞お悔やみ欄広報

 通知

ありま斎場・通夜・葬儀・ご相談・本日のご葬儀

4・通夜の準備

□自宅葬の場合は、祭壇を飾る場所の準備

■喪服の準備

■通夜の席次・焼香順の確認

■通夜の礼状・返礼品(粗供養品)の手配

■通夜ふるまいの準備

■僧侶接待の準備

◇枕勤め

■納棺(死装束)

■ご家族・親族の供花・供物手配

□弔問客の受付・接待の準備

□供花・供物・弔電の整理

 

納棺

◎ご遺体は、納棺まで頭を北、足を南に向けて寝かせて安置します(北枕)。間取りの都合で、北枕にできないときは西枕にするか仏壇に頭を向ける方向で安置します。

◎死装束(しにしょうぞく)は、葬儀社が用意した布または紙製の経帷子を懸けることが多いですが、死装束の上から故人が愛用していた服や着物をかけてあげる方が多いようです。また故人の愛用品や愛読書、孫の書いた絵、手紙なども棺に納めます。

5・通夜

□弔問客受付

○弔問客の焼香・応対

◇僧侶へのあいさつ

◇読経

□僧侶の接待

□通夜ぶるまいでの挨拶

斎場の通夜・葬儀/祭壇

◎一般的な通夜の進行◎

@受付開始→A僧侶到着→B一同着席→C僧侶入場・読経・焼香→D遺族・参列者の焼香→E僧侶退席→F喪主挨拶(省略の場合もある)→G通夜ぶるまい

◎僧侶が通夜ぶるまいを辞退する場合は、食事の変わりに「お膳料」「お車代」を渡す場合(白封筒)があります。このとき、通夜の分のお礼「お布施」を渡すこともありますが、一般的にはすべての「お布施」を葬儀終了後一括してお渡しします。

◎通夜は、「灯明」「線香」を一晩中つけておくのが習わしです。交代で誰か一人はおきているようにしたほうが良いでしょう。

6・葬儀の準備

□弔辞の依頼

□供花・供物の並べ方チェック

■葬儀の席次、焼香順の確認

□各世話役との打ち合わせ

□弔電の整理、葬儀社(世話役)に渡す

■葬儀社と進行打ち合わせ

□火葬場へ行く人の確認と■車手配

■会葬礼状と返礼品の手配

□寺参りへ行く人の確認と■霊柩車・マイクロバス手配

■遺骨迎え・精進落としの準備

□心づけの用意

 

◎会葬礼状や返礼品は、会葬者の予想人数より多めに注文します。返礼品は葬儀社で終了後精算しれくえるので安心です。

7・葬儀・告別式・出棺

□葬儀・告別式・喪主挨拶

□最後の対面

□■出棺時に世話役より会葬者に謝辞

 

出棺・霊柩車

◎一般的な葬儀・告別式の進行◎

@受付開始→A一同着席→B僧侶入道(入場)→C開式の辞→C読経・引導→D弔辞拝受・弔電お紹介→E喪主・親族の焼香→F指名焼香(省略の場合もある)→G一般会葬者焼香→H僧侶退堂→I喪主挨拶→I閉式の辞

※地域・宗派によって順序・呼称名が違う場合もあります。※

8・火葬

□死体火葬許可証を火葬場係員に渡す

◇納めの式

○火葬

□骨揚げ(収骨・拾骨・骨拾い)

□埋葬許可証の受け取り

骨揚

◎遺骨を複数の墓や宗派の本山に納めたい(分骨・散骨)場合、葬儀社に依頼して分骨用の骨壷と錦袋や散骨用の容器を準備してもらいます。

◎火葬中の時間に、寺参りする地域(宗派)もあります。この時に、菩提寺に対する「戒名料やお礼(住職お布施)」や僧侶に対するお礼「お布施」をお渡しになることが多いようです。※1

9・遺骨迎・精進落し

◇■遺骨、位牌、遺影を「後飾り」に安置し、還骨法要を行う

□喪主の挨拶

□精進落としの宴を開き、僧侶、世話役をもてなす

□喪主または、遺族代表が挨拶し、世話役への謝辞

□翌日、お寺様へのお礼(住職お布施・伴僧お布施)※1

 

精進落し

◎遺骨を迎えると、「還骨法要(還骨勤行)」の儀式を行います。49日の忌明けまで遺骨・位牌・遺影を安置する祭壇を「後飾り」または「中陰壇」と呼びます。祭壇の前で僧侶に読経していただき、喪主・親族全員が焼香して、葬儀はすべて終了します。併せて初七日(しょなぬか)法要を行う場合もあります。

◎「精進落とし」は、僧侶や世話役など葬儀で世話になった人たちを感謝の気持ちでもてなします。僧侶が精進落としを辞退した場合は、「お車代」「御膳料」を渡します。